音楽

みんな頑張った1位

《愛はタカラモノ》オリコンウィークリー1位
本当に良かった。おめでとう

今までは自分が欲しいから買う。特に順位は気にしない。その部分は聴く側の分野ではないからと思っていた。正直今でもその部分の気持ちに変わりはないが、今回に関しては少し違っていたような気がする。
幸せすぎて怖いほど二人揃った姿を連日のように見かける。時に眠そうな姿までもねそんだけ頑張ってくれている。そしてavexも今までにないくらいの頑張りよう。【さぁ、今回がチャンスだ】とさえ思ってしまうほどの雰囲気がね。

ふと思い出した27年前...似たような状況を経験済み...

レコード店でベスト10の枠にALFEEのレコードを置いて来る。しかも1位とかじゃあからさまにイタズラだと思われるので、中途半端な数字の所へ入れる。下敷きにALFEEと書いて『あ行』に集められているレコードを移動させ、勝手にコーナーを作って来る。など、幸ちゃん指導の下、地味な活動を続けていたアル中たち。
自分は繁華街のど真ん中に位置したレコード店の店長と仲良くなり、(変な意味ぢゃありませんよ)所沢航空記念公園のライブを店頭でずっと流してもらったり、承諾を得て、かなり立派なコーナーを作ったり。連日のエンドレス放映で、画面にはカラフルな帯が入り、ビデオテープはすっかり伸びてしまったが...
その後の武道館ですよ。先走った10周年の武道館。当時は『ヒット曲なしで武道館』と散々言われたけど、逆にそれがアル中を奮起させた。当日武道館では入る人全員に、それこそ『ありがとう』の意味を込めたビデオテープが配られた。(内容は別として...)当時VHSとベータがあったんで、ちゃんと選べるように両方用意されていた。
そんな彼等の思いに応えたい。この節目になんとかヒット曲をそれが《メリーアン》な訳です。丁度武道館ライブ前に出したのがこの曲だった。『ALFEEといえば、メリーアン』みたいになっちゃったけど、正直なところ、ALFEEは《メリーアン》よりイイ曲はいっぱいある。でも、当時『なんとか売れて欲しい』『10周年のお祝いにヒットをあげたい』と頑張ったアル中の思い出の曲でもあるわけです(だから武道館以後、大ヒットになった)
20101130
ALFEEと滝翼、置かれた環境はまるで違うけど、ファンが一致団結してアーティストに意思表示がしたいと感じた思いは同じような気がするな。と。
それが今回滝翼の《愛はタカラモノ》。滝翼はハモリ重視のしっとりとした曲が個人的な好みでもあり、世間では『滝翼はPOP調でみんなが踊る』イメージなんだと思うけど、とにかく声がいいんだハモリがいいんだと広く知ってもらいたいと願っている。
でも、丁度頑張りどころが《愛はタカラモノ》。ALFEEの《メリーアン》的な感覚。
「他にイイ曲いっぱいあるんだよ。ノリのいいのばかりじゃなくて、素晴らしいしっとりバラードもあるんだよ。」って。でもその前に世間に認知される必要がある。そのきっかけがヒット曲(オリコンチャート)になるんだなと。

でも、いまだに《メリーアン》を聴くと、当時の様々な思い出がひとかたまりになって蘇ってくる。《愛はタカラモノ》もそんな風になりつつある。かなり大きな塊となって。

一部のマニアしか知らないALFEEと、一般的に知られていた滝翼とでは、状況が違うんだけどさ、今回のことで、『滝翼聴いてみようかな』と思ってくれた人が少しでもいてくれれば、大変ありがたい事だね。

世間では『ジャニーズだから1位当たり前』ぐらいに思われているのも、本人はもとよりファンはかなりプレッシャー。当たり前じゃないんだからさっ

10周年には是非、ノリのいい曲をまとめたCDを赤、バラード曲を集めたCD青2枚組でベスト盤出したらいいんじゃないかと勝手に思っていますそうすれば、固定の滝翼ファン以外も聴き易いんではないかと。
なんせ昔ジョン・レノンのLP《ダブルファンタジー》で交互に入っているジョンレノンの曲だけをピックアップするの面倒だったもの...今はデジタルだから簡単だけどさぁ。

明日は【はねるのトびら】です。

|

昔も今も

Utadaのベストが問題になっていますが、今は本人が【こういう理由だから】とリアルタイムで発信できていいなって思った。
そういえば、ALFEEなんか【Alfie時代】自分たちが目指していたものとはまるっきり違うものを歌わされていたが、その後、その最初のレコード会社が復刻盤としてアルバムを勝手に出したことが過去にあったなぁーって思い出した。

確か当時彼等なりに怒っていたと思うけど、今と状況が違うので、宇多田サンのように意思表示をはっきりさせる手段がなかったのと、あぁいう(争いごとは嫌いな)性格ですから。(35年経っても変わらない)
ただ『かかわりたくない』って感じだった記憶がある。もう遠い過去のことで覚えてないけど、何気ない言葉の端々からファンは敏感に感じ取りますから、『触れてはいけないこと』と当時認識していたような..ファンの間で『たとえ買ったとしても、それは黙っておこう…』みたいな
『便乗』といった点では同じだけど、Utadaと決定的に違うのは、現在と方向性がまるっきり違うもの、いわば彼等の【古傷】に触れられたことでしょう。やーっとこさ世間一般に名前が知られて来たところに発売されたし 曲としては良い曲なんだけどね。なんせ【松本・筒美】のゴールデンコンビだから。
20101028
でも、数年前にはライブで歌ったりもしてますから、やはり彼等の懐の大きさと苦楽を共にしてきた3人の35年を感じさせる。こんだけ経てば、『そんなこともあったね。』って笑っちゃう昔話に出来るんでしょう。
しかし、いつの時代もこういうことってあるんだな。

あ、ALFEE MANIAの会費来月払ってこなきゃ。よくよく考えたら発足当時からだから、かれこれ30年くらい入っているぢゃーないかビックリだ。最近は若い2人組の2組に忙しくて構ってあげられないけどホホホ 滝翼祭の時にでもセブンイレブンで払ってこよう絶対唐揚げ棒買うから(ヒドイな、唐揚げのついでかよ

|

犬セレクト!?

以前作ったKinKiのバラードプレイリスト。大ちゃんは安心して寝ますが、やっぱJ albumが好きなのか、そして『愛について』はお気に入りらしく、別の部屋に行ってても戻ってきたりする。ま、アタシも大好きだけどね。で、ピアノが良いのかも?と、千住明の『宿命』を流していたら、重すぎたのか??少々落ち着かない様子。
20100413
人間が聞いても心地よいのは犬が聞いても心地よいと勝手に思い、色々とCDを買ってみた。基本的にアタシの好みだけどね。
それらしい『家カフェ』2枚、久石譲、バッハ(ゴールドベルク変奏曲)、坂本龍一は『ウラ』がウチにあったので、オモテを買ってみた。最近よく聞くのはバッハと坂本龍一。大ちゃんも周波数に合うようで、落ち着いて寝てますよアタシも心地よいです

|

HEAL THE ...犬

映画は行けなかったけど、絶対DVD出るだろうと待っていた『THIS IS IT』でもね、マイケルは相方の担当だろうと思っているのでそのままにしていた。CMを見た相方は「もう頼んだ??」と聞いてきたので、「まだだけど…他のほうに回らないんで…まぁ、観たいんだけどね」「じゃ、オレ出すから買って。」と言われて今日届いた。当然2枚組みの方。
    20100129
躊躇することもないくらいの破格値だわ家族全員早く観たくてウズウズするので、早速本編を観始める…が誰にも相手にされないは面白くないらしく吠えるは噛むわ...落ち着いて観られやしないでもマイケルは当然カッコいいんだけど、バックダンサーのブレないキレがあってビシっと合ってるダンス見ると鳥肌もんだよ。そんで、このライブに賭けていたマイケルの真摯なリハ姿、楽しそうに歌って踊る彼を観ると『ここまで作り上げていたのに悔しいだろうな…』と居た堪れなくなった。好きな曲沢山入ってたし、嬉しかったよ。ま、一番好きな『Man in the mirror」はサビのトコだけしかなかったし、同じくらい好きな『HEAL THE WORLD』はエンドロールのBGMだったのが残念。
もっとが落ち着いてる時か寝ている時に観るしかないね。2時間でこの暴れ方ちゃ、当然KinKi you コン絶対に観られないわ9時間だもの絶対邪魔されずに観たいでしょ
また明日流してみよう~

|

懐かしいニオイ

ポストに届いたタカミーのソロシングルのお知らせ。子供が「あ、これシールになってるよ。」ホントだー。水にも強そうだ。で、内容をよく読むと...
    20090805
この文章に吹き出した。あぁ、なんて懐かしいんだ…昔アル中仲間と『レコード屋さんに下敷きで作ったALFEEコーナーを勝手に作ってくる』活動を実施していた頃を思い出した。あれも彼らのプロモーション指令だったからなぁ~。まぁ、ウチらは『勝手に』ではなく、ちゃんとレコード屋さんと仲良くなってから置いてもらいましたけど。それはそれは素敵なコーナーを自ら製作して置いてもらいましたよ。
その頃と現在では知名度は真逆なんだけど、30年近く経ってもやっぱ変わらないんだなぁ~って、妙に嬉しくなった

|

縦置きの誤算

このほったからしぶりは...もうね、暑いのでグッタリなのもある。そんでもって子供と衝突すると、書く気がうせるのよねぇ…(衝突しっぱなしか…あながちウソでもないぞー)

ところで、最後まで購入に抵抗していた『ipod』を手にすることとなりました。今まで使っていたものの容量が限界なのと、携帯やらそれやらDSiやらと、ファイル形式が全て違うためにムダに苦労していた。なのでもう、ひとつに絞ってもいいんじゃなかろうかと。
    20090719
で、DSiで使っていたiTuneに本格的に綺麗なジャケットを入れ込もうと入れてあったアルバムなんか全部写真撮り直しして大変だったのさ。もう、こんなに大変ならいっそしまいこんでるCDも久々に聴いてみるのもいいんじゃないかと掘り出した。研ナオコベスト…あーこれいい曲ばっかりなんだよねぇ。入れちゃおう!!と意気込んでみたものの、iTuneがCDを認識してくれない古過ぎるのかたかだか22年前だ。マニュアルで入れましたがさすが古いのはレベルが低ボリューム上げないと聴こえませんよ
ま、入れられたことで気を良くしたアタシは調子こいて「おぉー少年隊が出てきた!この曲もいいんだよねー」「じゃーALFEEの中から厳選してお気に入りのこの一曲もぜひ入れたい!!」(なんでKinKi Kidsは全アルバム入れ込んでるのにALFEEは厳選するのか…細かいことはどーでもいい!!これから全部入れるのは大変だからよ)
あー久々に聴くの楽しみだなぁー苦労して発掘した甲斐があるなぁ~などと喜んでジャケットも取り込んでいざ曲を…あ゛そうだよ、8センチCDじゃないかー!!
現在使っているPCのハードディスクは邪魔にならないように縦置きにしてあるが、それが裏目に出るとは…このサイズだと縦に入れてもトレイが締まる勢いでCDはゴトンッと外へはじき出されてトレイが閉まる…フッフッ...この2曲の為に持ち上げて横で持ってるのはさすがに考えるよなぁ…

さてと、この間の穴埋めはできるトコは徐々に埋めるよ

|

逆戻り

何十年経っても良いものは良いねぇ~。子供の頃によく聴いたり友達とギターコピーしたりしていたサイモン&ガーファンクル、クイーンが、なんか最近無性に聴きたくなっていた。この波は以前にも来ていたが、なんかタイミングが悪くって。
    20090618
ゴディバじゃないよ、クイーンだよ。何のタイミングかと言うと、「買おうかな」と思うとドラマやらCMやらでブームになって、別に誰に知られるでもないが、『ブームに乗っかってる』的に買うのが嫌でねぇ。『ふんっ!!こっちとら、同じ時代に生きてきたのさっ』的な。でもね、レコードの時代ですから…クイーンはAmazonのリストに入れっぱなし。S&Gも買おうとしていた矢先、『来日公演』なるCMを見る…あぁ、なんていつもタイミングが悪いんだ...
でも、以前の来日公演の時の歌声を聴いて、ちょっとしんどいかも...って思ったのに、更に年月が経ってるから、どうなんでしょうか…
まぁそんなこんなでタイミングを見計らっていたらいつまで経っても買えそうにないので、ついに両方購入した。散々吟味して、好きな曲がいっぱい入っているやつを。
どっちも2枚組のお徳盤。S&Gは文句なくいい!!しかし、このゴディバばりのクイーンは2枚目の曲が殆ど耳慣れない曲ばかりで『なんで??』と見たら、1枚目は70年代中心で、2枚目は80年代以降のものばかりだった。
あぁ...あたしって『古い人』なんだね…

曲の好みが似ている子供にも将来「あ~よいねぇ~」と聴けるようにCDあっても良いだろう。何十年経ってもピッタリフィットするんだから、子供が大人になってもきっと良いはずだ。その頃には『CDの時代で…』とか言ってたりするんだろうか
次に聴きたいのはビリージョエル。一番聴きたいのは『ルート・ビア・ラグ』なんだけどね。あぁ、最近『生茶』のCMを見て、「あ゛ーチープトリック、懐かしいー!!」って嬉しくなる。好きだったからねー。今70年代がピタッとくるよ。

|

実感がないまま

あまりここでは触れなかった話題をどうしても、ひとつ。
突然の訃報に未だ信じられず、現在スカパーでも地上波でも追悼番組が流れてる。でもまだ信じられない。穏やかな遺影や過去の曲を耳にするとダメなんだなぁ...言いようのない悲しみがこみ上げてくる。
なんかなぁ、ひとつの時代が終った感。ちょっと思い出を語らせて。
思い起こせばアタシがライブに行っていた頃って、RCサクセションの時代で、振り返れば…28年??30年近く前だった…700人くらいしか入らないようなホールに血気盛んな若人達がひしめく。前方14列分くらいがパイプ椅子で、その後ろは固定席。照明が落ちた瞬間、股の間の座面をつかんでみんながずずずーっと前にかぶりつく。固定席だったアタシ(達)は取り残され前に数メートルの空間が…
ライブも盛り上がる中盤、舞台に上がり抱きつく輩も出てきて危険な為に一旦中断する。舞台監督らしき人物が、『危険』と思われる者に懐中電灯を当てながら「このままなら中止する!!」と凄む。会場は「帰れ!!」の大合唱に…結局再スタートしたが、そんな嫌な雰囲気も吹き飛ぶくらい楽しいものだった。
眉毛のない恐げなあんちゃんたちも沢山いたけど、会場を出たみんなは「楽しかったねー!!清志郎サイコー!!」なんてそんな見ず知らずの恐げなあんちゃんたちとハイタッチする勢いですよ。
    20090511
数多くライブに行ってて、しかもこんな大昔なんて、なかなか覚えてなかったりするもんだけど、強烈に印象深いライブだった。その時を改めて振り返った時、確かに「みんな愛しあっていた」と思った。激しいライブに興奮高揚し、嫌なアクシデントに中断されもしたが、出て来たみんなの心はなぜか穏やかだった記憶がある。今思えば彼の思想、生き方は、押し付けでなく昔からそして今も自然とみんなに伝わり浸透していっているんだなぁ~って。
きっとあの当時、見たくれが『いかにもワルそうな』あんちゃんたちも、ずっと清志郎を好きでいれば、今頃は普通の平和なおじさんたちになっているに違いない。

追悼番組となると、PVがある最近のものが多い中、NHKはその当時の映像も流してくれるんで、それ見ちゃうとやっぱね....

まだまだメッセージを送ってて欲しい。  Love & Peace 合掌。

|

路線

水曜日の発売が迫る中、まだどれを予約するか迷っていて、友人に聞いたら『無限の羽盤』を予約したと。じゃ、アタシは『シャ・ラ・ラ盤』で。毎度のコトながら数パターンで出すのは止めてほしいなぁ...
    20090509
オカンが『子供』には言ったことがない「CD(レコード)なら買ってあげるから」というセリフを『孫』には言っていたので、孫はその言葉を胸に、水曜日買いに行った。「初回盤のポスターがなかったら通常盤にしぃや」と情報を吹き込んで…結果通常盤を買ってきたけど。
ところで、この彫刻のようなカラダをまじまじと見ていた訳ですが、ふと…「ん?もしかしてソロジャケットはハダカ路線か??」とつぶやくと、子供が「おそらく…」と返事したでも服着てるより脱いだ方がイイと思うのはアタシだけではないハズ。変な意味じゃなくてね。Mステで『照れ』ていたけど、(アタシは照れだと思っている)このジャケットは好きだよ。ぜひ次回も脱いでくださいm(_ _)m
秀くん用にと録画予約していたら、あらら、ALFEEも出ててラッキー…ってヒドイよなぁ。アタシって…でもタモさんとALFEEじゃ近すぎちゃって話すことがない雰囲気なのが可笑しかった

|

また今更気づく

相方の新しくなった携帯へ着メロを作ってあげようと、栗コーダーのCDをPCへ取り込んでいた。随分前に買った時にすでに取り込んではあったが、CDを入れたらなんか画像が出てきた…
    20090408
「ん??」ハイウェイスターのプロモだった今の今まで、全然気が付かなかった前に取り込んだときに気づいてもよさそうなものを…今更ながら得した気分だ。
CD見たら、帯に書いてあったよそれすら見ていないんだな。

|

より以前の記事一覧